キャッシングの即日審査で当日融資も可能。おすすめカードローン

急な出費でどうしても金銭的な都合がつかない場合ってありますよね。
そのような時には、キャッシングの即日振込があります。
金融会社は消費者金融系の会社と銀行が運営している銀行系の会社がありますが、安心度で言えば断トツで銀行系です。ただお金を返す見込みが立っているのであれば、困ったときには両方とも便利なキャッシングサービスです。

 

 

正社員であればほぼ即日融資を受ける事が可能です。主婦やパートも即日融資を受ける事が可能です。
実際借りるとなると審査がありますが、アコムなどは最短で30分で審査結果が分かります。

 

どの金融会社も即日融資をウリにしていますが必ず金利を比較しながら借り入れ先を考える様にしましょう。

 

手順としては、PCやスマホで必要項目を記載し、必要書類(免許証など)をメールに添付して送信します。
そうすると会社によってですが、30分とか1時間で審査が終了し、その結果が送信されます。
この審査が通れば振り込みでの即日融資が可能となります。

 

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)

プロミスはスピードが早いのが特徴。自動審査で、契約可能額をすぐに回答してくれます。審査結果はたいていの場合は30分で分かります。こちらもネットで申し込んですべて契約手続きも完了するので来店不要です。平日14時までにWeb契約が完了すれば当日に融資可能です。30日間無利息サービスがありますので、給料前にちょっと足りないといった場合には、無利息で借りられるからとても助かります。※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

実質年率

審査のスピード

融資のスピード

4.5%〜17.8% WEBですぐに回答 来店不要で即日融資も可能

担保・保証人

融資額

利用箇所

不要 1〜500万円 全国の店舗・提携ATM

モビット

 

モビットは、電話連絡なし、郵便物もありません。すべてWebからの申込みで契約が完了します。モビットはその場で審査結果を表示してくれ、しかも10秒結果表示でとてもスピーディ(※事前審査の結果表示となります)当日融資には、14:50までの振込手続完了が必要です(審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます)。会員数も約26万人と多くの人が利用しているので安心感もあります(2012年4月現在)。三菱東京UFJ銀行に普通預金口座をお持ちの方、社会保険証(健保協会発行の保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方は、Webで完結します。人気の秘密は金利の安さと安心感です。

 

実質年率

審査のスピード

融資のスピード

4.8%〜18.0% 10秒で結果表示 当日融資可能

担保・保証人

融資額

利用箇所

不要 1〜500万円 全国の店舗・提携ATM

商品名
アコム

アコムはTVCMでもおなじみですから知名度はバツグン。業界大手ですので、安心感がありますよね。3秒診断や融資のスピードも迅速です。アコムは利用可能場所と時間はとにかく豊富。パート・アルバイトの方でも一定の収入があれば審査の上、融資可能。
最短30分で審査結果を知らせてくれます(あなたが指定した電話へ審査結果を伝えてくれます)。
もちろん、アコムも来店不要で即日振込みも可能!全国のアコムの支店やATM(24時間年中無休)、銀行やコンビニATMでいつでも利用できます。全国の※提携CD・ATMの詳細については公式HPをご確認お願致します。

アコム 即日審査

実質年率

審査のスピード

融資のスピード

4.7%〜18.0% 最短30分 午後2時までに審査が完了

担保・保証人

融資額

利用箇所

不要 1〜500万円 全国の自動契約機(むじんくん)

キャッシング申込み時の在籍確認

キャッシングを申し込む際、勤務している会社を書く欄がありますよね。
安定した収入があるかを確かめる為でもありますが、これは本当に仕事をしているかを確認する為のものでもあります。
中には働いてもいないのに、架空の会社を書いてお金を借りようとする人もいます。
そのようなケースを防ぐために、この欄があるのです。

 

この在籍しているかの確認ですが、クレジット会社からの電話とわからないようにしてくれます。
オペレーター本人の名前で確認しますし、あれこれと聞いてくることもありません。
また申し込んだ本人がいなくても、電話に出た人が「ただいま席を外しております」と言ってくれればそれだけで在籍確認はできます。
会社によっては人事部や総務部にかけてきて、会社名をはっきりと告げる会社もあるようです。
極力会社にバレたくないという人は、申し込む際に相談してみてはどうでしょうか。

 

また勤務先にかける以外の在籍確認もあります。
申し込んだ本人の携帯にかける方法です。

 

きちんと電話に出れば問題ないのですが、もしも出なかった場合は在籍確認不可となってしまいます。
なのでクレジット会社からかな?と思う番号があれば、すぐにかけ直しましょう。
事前に携帯にかけると言われた場合は、電話に出ることができる時間帯を伝えてもいいですね。

キャッシング、即日融資を可能にする条件とは

おまとめ

キャッシング、融資を可能にする条件は、金融業者各社によって異なりますが、基本的には、20歳以上65歳以下で安定した収入と返済能力があればOKです。
その際、勤続年数が1年以上で、安定した収入がなければなりません。

 

当然ですが一定の職業に就いている必要があります。最近は、大体、20歳以上で、安定した収入があれば、主婦や学生、パート、アルバイトなどでも、キャッシング、融資が可能になっています。

キャッシング、融資を申し込むには、本人確認書類が必要です。
その時、印鑑や保証人、担保はほとんどのところで不要です。
必要書類は、運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかでOKです。

 

キャッシングをする際の条件としては、審査内容を見ればよくわかります。
まず、個人の信用情報を照会し、属性スコアリングをして、在籍と在宅確認をします。信用情報の照会では、申込者の借入の履歴と今現在の借入状況を信用情報機関から照会して、審査条件に該当するかをチェックします。
スコアリングでは、年収、年齢、勤務先、勤続年数、住居形態、住居年数などを採点して、スコアリングします。在籍と在宅確認では、職場への連絡確認と、在宅への電話連絡が行われます。